合唱指導

山口浩史 (やまぐちひろし)先生。

カウンター・テナー

ユニークで熱意あふれるご指導が人気の先生です。

山形県山形市出身、県立山形北高等学校音楽科卒業。東京音楽大学声楽科オペラコース卒業、同大学研究生オペラコース修了。イタリア ローマ・サンタチェチーリア音楽院 室内声楽科のディプロマ取得、最高点を得て修了。

 

合唱指揮法を故北村協一、声楽を篠崎義昭、Y.ムラーゾヴァ、 S.シルヴェーリ、L.ペトロツェーロの各氏に師事。

 

カウンターテノールとして、G.F.ヘンデル「メサイア」 G.B.ペルゴレージ「スタバトマーテル」J.S.バッハ「カンタータ 170番」C.オルフ作曲「カルミナ ブラーナ」のテノー ルソロをはじめ、数多くのバロック音楽レパトリーを歌う。また、古典 派音楽までにとどまらず、ロマン派音楽から近代音楽までレパートリー は広く、挑戦を続けている。

 

指揮、合唱指揮も活動の根幹を成し、イタリアでは、ヴェネツィア  S.アンジェロ教会、ローマ サン ピエトロ大寺院での、夕べのミサの音楽を指揮する。またローマ第三大学合唱団「Coro・ Roma Tre」にてアシスタントを務めた。帰国後も、愛知県芸術劇場合唱団、混声合唱団「羽ばたく会」、みなと第九を歌う会、東京労音合唱団、西東京合唱団、日本フィルハーモーニー協会合唱団、江戸川第九を歌う会、ローズマリーなど、数多くの合唱団にかかわり、演奏曲への深い解釈と、声楽的テクニックを結びつける指導で、多くの影響を与えている。

 

渡邉公威(わたなべこうい)先生

テノール

頻繁に更新されるブログが好評。

宮城県石巻市出身。国立音楽大学卒業、同大学院修了。文化庁新進芸術家海外派遣研修制度にてローマに留学。E.カルーソー国際声楽コンクール、オルヴィエート国際声楽コンクール、Vissi d'arte国際声楽コンクール、日本声楽コンクール等、国内外のコンクールに入賞。『ポッペアの戴冠』ネローネ、『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオ、『魔笛』タミーノ、『コシ・ファン・トゥッテ』フェランド、『愛の妙薬』ネモリーノ、『ランメルモールのルチア』エドガルド、『ドン・パスクアーレ』エルネスト、『ラ・ボエーム』ロドルフォ、『リゴレット』マントヴァ公爵、『カヴァレリア・ルスティカーナ』トゥリッドゥ、『秘密の結婚』パオリーノ、『薔薇の騎士』執事長、『ウリッセの帰還』イーロ、『カプリッチョ』テノール歌手、『天国と地獄』プルート、『白馬亭』レオポルト等で、二期会はじめ数々のプロダクションでオペラ、オペレッタに出演し大好評を博す。コンサートでも「第九」、「メサイア」、「レクイエム」、「小荘厳ミサ」、「グローリア・ミサ」等のテノールソリストとして出演の他、数々のコンサートに出演。2014年にはイタリア・オルヴィエートのマンチネッリ歌劇場にて『愛の妙薬』ネモリーノ役で出演し、イタリアデビュー。伊原直子、田口興輔、在原勝、Nicoletta Panni、Sergio Oliva、Gabriella Ravazziの各氏に師事。二期会会員。 

  

ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/grandetenorekoi

ホームページ http://grandetenorekoi.wix.com/koi-watanabe      

 

ピアニスト

太刀川琴絵(たちかわことえ)先生。

団員の気持ちに寄り添ったピアノ伴奏。

 

桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学卒業後フランス・カナダにて学ぶ。数々のコンクールで受賞し、国内各地でオーケストラソリストとしてベートーベン・モーツァルト・シューマン・ショパン・チャイコフスキー・ラフマニノフ等の協奏曲を共演。また様々な演奏家との共演、室内楽などアンサンブルピアニストとしても国内外で活動する。コーラスの伴奏も多く国技館第九・日本フィル合唱団・大阪1万人の第九などで様々な指揮者と関わり、特に小林研一郎氏からの信頼は厚く指名され地方公演に同行。NHK-FM/土曜リサイタル、BS日テレ/日本心の歌出演。CD/幻蒼~ピアノが奏でる北欧の調べリリース、iTunesより室内楽アルバムが日米欧に向け配信中。桐朋学園附属音楽教室や県立津田沼高校音楽コース講師を歴任、コンクールの審査員を務めるなど後進の指導にも力を注ぐ。2016年12月18日に佐倉フィルとチャイコフスキーのピアノ協奏曲を共演予定。

 

鳥居礼子(とりいれいこ)先生

東京音楽大学大学院鍵盤楽器研究領域伴奏科修了。

ピアノを岡田知子・安井耕一・丸山恵美、伴奏法を土田英介・水谷真理子、室内楽を浦川宜也各氏に師事。

ウィーン国立音大にてラッセル・ライアン氏のマスタークラス受講、ウィーンムジークテアターにて演奏会出演。アーキタンツ・劇団四季・英国ロイヤルバレエサマースクールin東京等のバレエピアニストを経て、現在伴奏ピアニストとして活動する。

二期会・東京室内歌劇場ピアニスト。東京音楽大学伴奏研究員    

ヴォイストレーナー 合唱指導

田中麻理(たなかまり)先生

ソプラノ

山形大学教育学部卒業、東京音楽大学大学院修士課程修了。パリ・エコール・ノルマル音楽院よりフジテレビジョン奨学金を受け、コンサーティスト資格を声楽と室内楽の両部門、審査員満場一致で取得。全日本学生音楽コンクール、東京音楽コンクール、長久手オペラ声楽コンクール奨励賞、パリ国際声楽コンクール“モーツアルト賞”受賞。

 

『魔笛』(パミーナ)でオペラ・デビュー、その後二期会オペラ『ポッペアの戴冠』(ドゥルジッラ・フォルトゥーナ)を始め『リゴレット』(ジルダ)『カルメン』(フラスキータ)『子供と魔法』(火の精・お姫様)『ヘンゼルとグレーテル』(グレーテル)『プラテ』(アモール)に出演、また宗教曲ソリストとして『第九』『レクイエム』『戴冠ミサ』『エリア』『合唱幻想曲』『スターバト・マーテル』等に出演、バッハ・コレギウム・ジャパン、日フィル、山響、神奈川フィル、郡響、NHK交響楽団団友オーケストラと共演する。海外でも“パリ・ラジオ・フランス劇場”で、R.オゼ作曲『運命の羽』初演に出演、マルセイユ国際音楽祭で再演し好評を博す。フランス、ルテル市“ルイ・ジョヴェ劇場”に於いて、自由な発想を育てる芸術教育のアトリエ講師として教育にも力を注ぐ傍ら、同劇場主催公演「フラグモン」に出演、好評を博す。透明感のある美声、確かなディクションから生み出される大胆かつ繊細な表現で聴衆を魅了している。二期会会員。

 

ヴォイストレーニングの無い日は、山口浩史先生(渡邉公威先生)が、18時半より19時まで発声練習をしてくださってます。

facebookページはこちらから。

Share